cover-rGZIVCRfOEIBDLw2C9zBSHkjg2ZsubXy

 

COVID-19の世界的流行を契機に、企業活動においてはテレワークが今までにないスピード感で実装・運用され、その他「3密」を避けるために様々なことが「オンライン」上で行われるようになりました。


通勤のストレスなどが軽減する一方で、対面コミュニケーションや物理的な運動時間の減少により、「強制在宅」で働く従業員には見えないストレス
が蓄積していると言われています。

一方で、そのような「強制在宅化」で出勤を余儀なくされる従業員にもまた、今までにないストレスがかかっております。

今回このような多くの人間が初めて目の当たりにする「新しいストレス社会」に対する対応について考えるべく、日本の働き方を考える健康経営推進産業医会、Geppo(ヒューマンキャピタルテクノロジー)の二社による共催という形で本セミナーを開催いたしました。


Geppoウェビナー

本セミナーの第二弾「具体的ノウハウ編」は7/16(木)開催予定です!!

無料ウェビナーに申し込む

 

【登壇者情報】
2020年6月4日 (木)
産業医に聞く!テレワーク時代のメンタルマネジメント

■スピーカー
鈴木 健太
株式会社Dr. 健康経営
代表取締役・医師

■モデレーター
渡邊 大介
株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジー(Geppo)
取締役

テレワーク時代に対応できる産業医


渡邊 大介 (以下、渡邊) 本日は、Dr. 健康経営の鈴木さんお越しいただき、15分から20分ぐらいプレゼンを頂いた後、パネルディスカッションに移っていきたいと思います。

それでは、鈴木さんよろしくお願いします。

鈴木 健太さん (以下、鈴木) ありがとうございます。Dr. 健康経営の鈴木です。

今回、Geppoさんと一緒にセミナーをやらせていただくということで、リモートワーク時代に合ったメンタルヘルスの対応などについてお話しできればと思っております。

よろしくお願いいたします。

初めに会社の紹介をさせて頂きますと、産業医サービスを全国の主要都市圏の企業様に提供しております。

今の産業医の業界だと、働く人の健康・メンタルに対応できず、働き方改革やリモートワーク時代のサポートになかなか繋がらないという課題を感じています。

理由としては、しっかりとしたスキルを持っている産業医が非常に少なく、数パーセントぐらいというのが現状です。

弊社は、レベルが高いかつ柔軟に対応していくということをポイントとしています。

また、産業医のマッチングサービスだけでなく、顧問として企業を長年手伝うという形でもやっており、何かあった時には相談できるとか、こんな事例どうしたらいいんだとか、そういったことに継続して答えていくということをやっています。

テレワークが従業員のコンディションをどう変えたか?


渡邊 ありがとうございます。

この後も色々とお話を進めていきたいと思うのですが、まず初めにbeforeコロナとwithコロナを比較して、Geppoのスコアがどのように変化したのかを皆さんに見ていただきたいと思います。

仕事満足度・人間関係・健康の3つの設問のうち、1番スコアが改善されたのはどれだと思いますか?

最も改善されたのは「健康」です。

これはGeppoをご利用いただいている企業様の平均値ですが、かなりの違いが生まれているかなと思います。

次に人間関係のスコアを見てみると、昨年の3,4,5月と今年の3,4,5月と比較した時に、ほぼ同じ傾向が見て取れます。リモートワークになるとどうしても人間関係が希薄になるのではないかという不安も生まれてくるとは思いますが、(ポイントも総数で目減りしていないことから)実はそこまで変化しないということが分かります。

仕事満足度のスコアは若干凹んでいるものの、傾向としては微々たるものかなと捉えています。

これらのことから、1,2か月ぐらいの短期的なリモートワーク状態であれば仕事満足度と人間関係はほぼ変わらず、健康状態に関しては劇的に改善しているということがGeppoで可視化できたのかなと思います。

ポイントとしては、このようにリモートワークは味方にすれば非常に有効な働き方であると言えます。ある一方、狭い部屋に閉じこもってなかなかリアルな人間関係が保てないことによるメンタルヘルスも発生してきているので、リモートワークを味方にするためのノウハウを本日はお持ち帰りいただきたいなと思っております。

(続)

次の記事を読みたい方はこちら


続きは 2. 健康経営とテレワークにおけるメンタルヘルス対策 をご覧ください。

関連記事

BUY On HUBSPOT